37歳の転職は在職中に!

自分にプラスになる転職を果たすために

 

 37歳での転職は、自分のその後のキャリアを大きく決定づけます。だからこそ、少しでも自分の条件にあう転職を実現するために、在職中に活動をスタートしてほしいのです。

 

 それは、経済的基盤を持つことで、精神的な余裕が持てることに加え、勤務先と面接企業を比較検討することで、冷静な判断が下しやすいからです。また、在職中の応募者の方が、書類選考を通過しやすいのが現実です。

 

 勤務先で実績をあげながら転職活動を行うのは、自分の付加価値をアップすることにもつながりますし、実際に面接を受けてみることで、現在の勤務先の良さを再確認し、留まることを選択するのも、悪いことではありません。自分に最適な決断をするためにも、現職と転職活動を両立しましょう。

 

在職中に効率よく転職活動を行うなら

 

 とはいえ、働き盛りの37歳であれば、毎日忙しく、自分の時間をねん出するのも難しいひとも少なくありません。より効率的に転職活動を行いたいなら、求人情報媒体を上手に併用しましょう。

 

 転職サイトに登録しておけば、定期的に自分が希望する条件の新着情報が届きますし、スカウト機能も併用しておけば、選択肢の幅を広げることができます。

 

 仕事内容だけでなく、職場環境を重視するのであれば、転職エージェントに登録するのもおすすめです。キャリアコンサルタントがカウンセリングを行ったうえで、あなたと企業のマッチングをしてくれるので、入社後のミスマッチが低いというメリットがあります。

 

 こうした求人情報媒体に登録する際に、自分の履歴や職務経歴を入力することになりますので、それを応募書類に転用することもできます。何でも使って、効率良く活動しましょう。

 

 

【関連記事】


 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト