履歴書で見られるポイントとは

履歴書で何を見られているのか

 

 応募書類は、求職者が初めて、企業の採用担当者と出会う場であり、その内容の如何で、面接まで進めるのか、不採用になるのかが決定する、大切なものです。だからこそ、企業サイドに見られるポイントを把握したうえで、きちんと応募書類を作成することが大事なのです。

 

 では、履歴書で見られるポイントは何かというと、まず応募者個人の経歴です。現住所が通勤可能な場所かどうか、転職回数、履歴書が丁寧に書かれているかどうかです。

 

 そのうえで、学歴や職歴が募集職種とマッチしているのか、自社への入社の意欲が高いか、希望条件が許容範囲かどうかを見ます。

 

37歳が気を付けるべきこと

 

 ここで注意する必要があるのが、転職回数と志望動機です。短期間で転職をしている過去があると、どうしても組織への適応力に疑問をもたれてしまいます。

 

 そうした過去を払拭するだけの退職理由や、応募企業や職種に対する説得力を伴った熱い意欲が伝わるかどうかが、書類選考通過には大きく影響するはずです。

 

 履歴書の志望動機で、応募企業が求めている人物像に自分がいかにマッチしているのか、これまでの自分の経験と培ったスキルが入社後にどう活かせると考えたかを、しっかり志望動機で伝えてください。

 

 

【関連記事】

履歴書で見られるポイントとは関連ページ

職務経歴書で見られるポイントとは
応募書類を送るときには

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト