職務経歴書で見られるポイントとは

職務経歴書で何を見られているのか

 

 企業の採用担当者は職務経歴書の中から、応募者自身が「これまでどんな仕事をしてきたのか」「いま何ができるのか」「これからどうしたいのか」を、しっかり読み取ろうとします。

 

 そのため職務経歴書では、募集している職種の実務能力、仕事への意欲、プレゼンテーション能力があるかどうか、自分の強みを自覚できているか、転職の目的に納得できるのか、書かれた内容に信ぴょう性があるかを見ています。

 

37歳が気を付けるべきこと

 

 職務経歴書でプレゼンテーション能力をはかることができるのは、経歴を羅列するだけでなく、相手に読ませる工夫や表現ができているかどうか、面接時に質問してもらえるように意識して書いているかどうかが、職務経歴書の作成の仕方でわかるからです。

 

 企業の採用担当者に「会ってみたい」と思われるよう、企業が求める人物像を念頭に置いたうえで、自分が入社後の活かせる経験をアピールするなどの工夫が必要です。

 

 37歳ともなれば、入社後に即戦力として活躍することが期待されています。そのためには、既存の組織にいち早く適応できる能力が不可欠ですし、将来の管理職候補として、マネジメントスキルを磨く経験があったかどうかも、ポイントになります。

 

 

【関連記事】

職務経歴書で見られるポイントとは関連ページ

履歴書で見られるポイントとは
応募書類を送るときには

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト