応募書類を送るときには

ビジネスマナーを守る

 

 37歳まで社会人として働いてきたのですから、何度もビジネス文書を出した経験があるはずです。応募書類はビジネス文書と同じで、出し方や宛名の書き方に、厳然たるビジネスマナーがあります。

 

 履歴書を1回折りするほかは、書類を折り曲げることのない大判封筒を用意し、的確に宛名書きをして、投函してください。宛名の書き方も、企業の担当部署に送る場合と、担当者個人名で送る場合では、宛名の書き方が異なります。転職サイトなどを参考に、間違わずに書いてください。

 

 また、応募書類をいくる際には、カバーレターとなる添え状をつけるのは常識です。募集を知った経緯や簡単な自己PR、面接の機会を設けてもらえるように一文を添え、応募書類と高さが合うように作成してください。

 

 応募書類は、添え状、履歴書、職務経歴書の順番に並べて、透明のクリアファイルに入れて、封筒に入れてください。

 

メールで応募書類を送る場合

 

 応募企業にメールで応募書類を送る際にも、いろいろな配慮が必要です。まず、タイトルを必ずつけること、そしてビジネス文書の定型を守って、メール本文で添え状を作成することです。

 

 履歴書や職務経歴書は、パソコンの閲覧環境に左右されないよう、PDFにして送りましょう。

 

 

【関連記事】


 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト