逆質問にも注意が必要

逆質問で本気度が伝わる

 

 面接の終盤になると、「何か質問はありますか?」と、必ず面接官に聞かれます。これは「逆質問」と呼ばれるもので、自分をアピールすることにも、自分が入社にあたって確認したい点を聞くにも、大切なポイントになるところです。

 

 この「逆質問」の内容で、面接官の心証が大きく変わるので、応募企業についてきちんと下調べしたうえで、入社後をイメージした「逆質問」をいくつか用意しておくことをおすすめします。

 

 一例をあげておくと、「前職では、内勤スタッフが営業職が仕事に専念できるように、いろいろなサポートを行っていてくれたこともあり、良好な人間関係を維持できるよう、積極的にコミュニケーションするように心がけていました。御社の社内の雰囲気は、どのようなものですか?」などです。

 

してはいけない「逆質問」

 

 面接でしてはいけない「逆質問」の筆頭は、企業理念と事業領域を聞くことです。企業研究をする過程で、ホームページを確認すれば、得られる情報について質問するのは、下調べをしていないからと判断され、その時点で採用はなくなります。

 

 また、給与や昇給の査定ポイント、社内の研修制度など、自分に関わることだけを質問するのもNGです。

 

 

【関連記事】


 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト