途中入社に際しての注意点

初出社までにしておくべきこと

 

 37歳ともなると、採用した経営陣は、即戦力として一日も早く成果をあげてくれることを期待しています。その思いに応えるためには、転職先の業務について、きちんと世簿知識をつけ、入社後に初めて覚えることを、一つでも減らしておくことが重要です。

 

 少なくとも、転職先で取り扱っている商品やサービスとその特徴、主な取引先企業名、支社や営業所の有無などは、頭に入れておきましょう。また、業務上必要になりそうなスキルや資格の勉強を進めておくのも、良いと思います。

 

職場に溶け込むための注意点

 

 37歳の中途採用者を迎える社員の中には、無条件にあなたをライバル視するひともいることでしょう。仕事で成果を出すためには、社内に良好な人間関係を築くことが必須条件ですから、何かと注目を集めやすい入社後3カ月は、必要以上に目立たないように意識してください。

 

 まず、新しい職場のルールやシステムを一日も早く覚えるように努力すること、仕事に対して能動的に取り組むこと、自分の仕事のスタイルに固執しないこと、改善が必要だと思える慣例であっても順守することを、常に意識してください。

 

 職場に溶け込もうと努力する姿勢と、職場を冷静に観察する美式があれば、なじむのに時間はかからないはずです。

 

 

 

【関連記事】


 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト