転職先が内定したのに会社から引き止めにあって迷っています

 40歳前に転職するぞ!と一大決心して、転職先が内定、退職手続きに入ろうかとしたら、会社から“どうしても辞めないでくれ”と引き止めにあったらどうしたらいいのでしょうか?!

 

 会社としても寝耳に水というか、今から後任を募集して採用という流れを考えると数か月かかるケースもあり、なんとかあなたに残ってほしいと考えているのかもしれないです。しかし転職を決意したのなら、その意思を翻さないようにしたほうがよいでしょう。

 

やっかいな引き止め上司の3タイプ

 

 引き止めをする直属の上司には基本的に3タイプいて、@脅迫型上司(“この業界で仕事できなくしてやるぞ!”と脅してくるタイプ)、A泣き落とし型上司(“君がいなくなってしまうと、わたしはこの会社で顔が丸つぶれだよ”などと言って泣きつくタイプ)、B改善型上司(あなたが辞めたいと思った理由を聞いて改善する上司)この3タイプのうち、自分を引き止めているのがどのタイプなのか?!見極めましょう。

 

過剰な引き止めにあわないために・・・

 

 いったん退職を決意したら淡々と事務的に退職手続きと残務処理をすることがお薦めです。脅迫に屈することなく、最後の日までお世話になった会社にできることをさせていただく・・・という態度を崩さないようにしましょう。

 

 退職理由ですが、誰にも本音を告げないほうが無難でしょう。改善型上司ですと本当に改善を提案してきたりしますが、転職先が内定しているのにうっとうしいだけです。

 

 会社の同僚にも退職したい理由については黙っているほうがスマートです。法的には自分から辞めると意思表示したら2週間経過すれば自由に辞められます。

 

 

【関連記事】

転職先が内定したのに会社から引き止めにあって迷っています関連ページ

退社理由をどう伝えるか
退社にまつわる手続き
途中入社に際しての注意点
積極的に消化したい退職時の有給休暇

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト