挑戦の心を持って転職[38歳/男性]

 

 転職を決めた理由は40歳を目前に控え、改めて将来も含めて考えてみた結果に出した答えでした。

 

 前職は4年前から営業の管理職として勤めていました。責任感ある役で充実した毎日ではあったのですが、挑戦するという役ではなく、自分の成長という意味ではもう期待出来る事はありませんでした。

 

 たとえこのまま出世出来たとしても、それは自分が望む姿ではないと思うと、また違う所で挑戦をする立場として戦っていけたらと思うようになり、転職という道を歩む事を決めました。

 

 

 

 私の考えとしては「考える前に行動しよう」であったので、少しでも良いなぁと思えば多少の不満点、不安点があってもまずは面接に向かい、話を聞いてから決めようというスタンスで挑もうと決めていました。

 

 それが良いか悪いかは、それぞれだと思いますが、個人的には効率面を考えれば絶対その方が良いと思っていたので、その信念だけは常に意識しながら活動に臨んでいました。

 

 

 

 結果的に2ヶ月間の転職活動期間となったのですが、その間に嬉しいことに内定をもらった企業が4社ありました。 

 

 しかし、どこの企業も全てが満足できる環境という訳では無かったので、そこで決めていいものかどうかをすごく悩むことになりました。

 

 その内3社は悩んだ結果見送らせて頂いたのですが、今でもどこが一番だったかは分かりかねますし、自分の優柔不断な性格もあるのでしょうが、良いお話を頂いただけに苦労する要素となってしまいましたね。

 

 

 

 最終的に選んだ企業の決定的な理由は、会社自体の考え方がとても自分に近かったからです。「常に向上心を持って、今を維持するのではなく常に前へ」というそれが私の心に響いたからです。

 

 そして今は忙しながら充実した毎日を送っています。

 

 どの選択肢も間違いではないとは思いますが、私が選んだこの選択肢の未来しか見ることが出来ないのが当然の理なので、今勤めている企業を愛し、自分を愛してい生きていきたいと思います。

 

 

[37歳/男性]
営業
営業
リクナビNEXT・その他


 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト