転職活動をする前に知っておきたいこと

自分に合う転職先を見つけるためのポイント

 

 37歳での転職は、その後の自分のキャリア形成を決める、ターニングポイントになるケースが多いものです。転職市場において、30代は即戦力として人気が高い年代ですが、後半になるにつれ、企業が求める能力も高くなっていきます。

 

 転職を成功させるためには、自分のキャリアビジョンを達成できる企業に入社するだけでなく、自分が求められるニーズを満たしていることも、大事な条件になります。そこで、多角的な視点で企業研究を行い、自分に合う転職先を見つけることが重要になるのです。

 

 では、自分に合う転職先を見つけるためには、どうすべきかを考えてみましょう。まず、自分のこれまでのキャリアやノウハウを活かせる職種であることが、転職先に溶け込むという観点では、とても大事です。

 

 また、自分の働くことに対する志向性と、企業理念や事業方針がマッチしていることも重視すべきです。というのも、働くことの価値観が違う職場では、それまでのルールやシステムが通用せず、仕事が円滑に進まなくなる可能性が高いからです。自分が応募する企業でどんな職種につき、組織的にどんな役割を担い、どんな成果をあげられるのかを、一度じっくり考えてみることをおすすめします。

 

転職市場価値を把握する

 

 37歳で転職活動を始めるのであれば、まず自分の転職市場での価値を調べるのが基本です。単に業界や職種に関する専門スキルがあるだけでなく、組織内あるいはプロジェクトでどういう役割を担い、企業に貢献してきたかによって、転職市場での価値は変わります。

 

 30代後半ともなれば、将来の管理職候補として見られていますから、マネジメント能力やリーダーシップの有無は、大きな差となります。そうした現実を知ったうえで、自分がどんな転職活動を行っていくのかを、しっかり計画することが不可欠なのです。

 

 転職サイトの求人ランキングを見ると、そのときに募集が多い年代や職種が一目でわかりますし、転職エージェントのキャリアコンサルタントに、現在の転職市場についてのレクチャーを受けるのもよいでしょう。自分の年代やキャリアの価値をしったうえで、より自分に価値づけできる方法を探し、応募書類や面接に反映させましょう。

自分に合う転職先を見つけよう!関連ページ

企業が求めている人材とは?
求人情報にかかる期間とは?

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト