求人情報にかかる期間とは?

転職活動にかかる期間とは?

 

 とある転職エージェントの調査によれば、30代から40代にかけての転職活動期間は平均して3か月から半年くらいかかる模様です。1か月以内に転職先が見つかったという人は10〜20%以下しかいなくて、8割以上の人が3か月から半年前後の転職活動を経験して転職を決めたというデータがあります。そして退職のタイミングとして最適だと考えるのは「転職先が内定した時」という結果もあります。

 

 通常は、企業が採用人数を増やす時期としては、3月前後、それから城はん気の始まりの10月〜11月であるとも言われます。またボーナスが出てから辞める人も多く、7〜8月、1〜2月も中途採用者が増える傾向が見られます。こういった中途採用が積極的に行われる時期を狙うのも手です。

 

 転職活動期間が長くかかる人の特徴としては、応募している(実際に面接を受けている)会社が少なめであるとか、自己分析とか、応募書類の作成とか、転職活動の計画を十分に練らないで転職活動を始めてしまった・・・という理由が目立ちます。

 

転職活動に大事なメンタルケアとは?

 

 転職活動について「期間」と「費用」については余裕をみておくことが必要です。しばしば「転職は計画性が全て」と言われますし、計画性を持って活動し、計画どおりに事が運べばいいのですが、なかなか思ったとおりに応募した会社に受からないこともあります。

 

 すぐに転職先は決まるものだと思っていたのに、なかなか内定が取れないうえ、やっと決まった会社は意外なほど年収が低かった・・・という状況に陥った場合、かなりのストレスに見舞われることになります。

 

 転職をするにあたって、なんでも相談できる人を持つことは大事です。転職活動では思わぬところできついことを言われたり、受かると思った求人に落とされたり、とにかく疲れを感じるシーンが多いです。シビアな現実に正面から向き合うのが転職活動ですから消耗するのが普通の人なのですが、一人でその苦労を抱え込もうとすると転職活動期間が長引くとメンタルに不調が現れる人もいるようです。

 

 それから週に何度かは自分なりの息抜きや気分転換の時間を持ちましょう。仕事に無関係な趣味の集い等を大事にしましょう。

求人情報にかかる期間とは?関連ページ

企業が求めている人材とは?
自分に合う転職先を見つけよう!

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト