転職は在籍中と退職後どちらにすべき?

転職は在籍中と退職後どちらにしたほうが良いのか?

 

 もういい加減この会社辞めたいと会社に不満を持って退職を考えている方も居るかもしれません。しかし、早まってはいけません。退職を考えるならまず先に、次の転職先を探してから退職するのが鉄板です。

 

 理由は失業後に転職活動を始めると、焦りの気持ちが出てきて条件の悪い求人にまで手を出してしまう可能性が高まるからです。

 

 また、万が一失業期間が長引くとそれだけで不利となり、本来実力がある人でも採用されないという悲しい現実があるからです。ご自分を高く売るためには、在職中に次のシゴトを見つけましょう。

 

 ただし、場合によっては退職後に転職活動を始めたほうが人も居るので、その辺を詳しく見ていきましょう。

 

 

在籍中に転職活動をしたほうが良い人の特徴

 

 先ほども述べましたが、大方の人が在籍中に転職活動をするべきです。特に中高年と言われる年代に差し掛かると転職できる人と、転職が難しい人とに大きく別れてしまいます。

 

 

 37歳もその年齢のくくりに入るので、どこに行っても成果を発揮できるエース級人材だと周りに評価されている自信があれば何も考える必要はありません。しかし能力はあっても形としてアピールできない場合や、人並みの能力だと感じている場合は、在籍中に転職活動を行うべきです。

 

 ただその場合も、転職が決まった時にスムーズに退職できるよう、仕事の引き継ぎのための手順書などを準備しておきましょう。

 

 

退職後に転職活動をしたほうが良い人の特徴とは?

 

 37歳で退職後に転職活動をした方が良い人とは、すでに他社から引き抜きの声が掛かっているような、第三者からも強く求められているようなエース級の人材か、業務のほとんどが長期プロジェクトで、一度プロジェクトが始まると自分の都合で辞めることができないような状況にある人のみです。

 

 先に退職を考えるのであれば、できれば1年くらい収入がなくても生活できるレベルの貯蓄をしましょう。生活に余裕がなくなり自分の実力よりも評価の低い条件の仕事に手を出してしまわぬよう心がけましょう。

 

 意図せず会社都合などで退職後に転職活動を行う人は、失業保険をもらいつつ、生活費をセーブしながら転職活動を行ってください。

転職は在籍中と退職後どちらにすべき?関連ページ

上司への報告のタイミング
引き継ぎと財務処理はしっかりする!

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト