求人媒体の種類と特徴について知る

求人媒体の種類と特徴

 

求人情報を探すときに便利な求人媒体はいくつかありますので、主なものの特徴を列記します。

 

ハローワーク
 厚生労働省管轄の公共職業紹介所です。知名度はありますが、掲載されている求人の質が悪いという口コミ情報も多く寄せられています。

 

転職サイト
 ネット上で気軽に求人広告を閲覧できると人気の求人媒体です。いろんな企業が運営しており民営ですが費用は求人企業側が負担するため求職者は無料で利用可能です。

 

転職エージェント
 求人企業と転職者とを仲介します。企業側の戦略上、一般に広く公募できないような非公開求人を紹介してくれるので、即戦力となる人材には魅力な情報源です。

 

新聞の求人広告欄
 昔ながらの求人情報媒体です。最近では新聞読者が減ったこともあり、求人欄も縮小傾向にあるようですが、新聞を読む層をターゲットにした求人が多いのが魅力です。

 

 

求人情報フリーペーパー
 地域密着型の求人情報源です。正社員求人以外にも派遣やパート、アルバイトも一緒に求人されています。

 

 

 

自分に合った求人媒体を見つける

 

 できるだけ沢山の求人情報源に目を通すことが転職成功のキーポイントですが、転職活動に多くの時間を割けない人は厳選するしかありません。

 

 お勧めなのが転職サイトと転職エージェントの併用です。ネット上の口コミ情報や、運営会社の信用度を元に、自分に適した転職サイトと転職エージェントを選びましょう。

 

 まずは気軽に求人情報が閲覧できる転職サイトに登録しましょう。ネット上で簡単に登録ができます。サイトによって登録項目が若干違ってきますが、5〜10分ほどで登録は完了します。

 

 登録が終了したら求人情報をただ閲覧するだけでなく、各種サービスや転職のためのノウハウ記事も利用してみましょう。各種サービスを利用したり実際に求人に応募するためには会員登録が必要ですが、ほとんどの転職サイトが全て無料で利用できますから積極的に登録しましょう。

 

 次に転職エージェントも活用してみましょう。転職サイトと同じく、ネット上で会員登録が可能です。後日、担当エージェントから面談などの連絡が入りますから、指示に従って転職活動を進めて下さい。もちろんエージェントが仲介しても無料で利用できます。

求人媒体の種類と特徴について知る関連ページ

求人票を読み取る力をつける!
求人情報がない企業へ応募してみる

 
トップページ 37歳の転職5つの手順 おすすめ転職サイト